プログラムのお知らせ(仮)




  生殖発生毒性試験の国際標準化

     日時
  2019年7月27日(土曜日) 15:00〜17:00 

                1 The current actions for development of pediatric medicines and future perspective
                  Tatsuhiko Sugimoto Pharmaceutical and Medical Devices Agency

                2 Development of evaluation systems for brain development using mouse models of developmental disorders
                  Shigeo Uchino, Hitomi Shimizu, Chikako Waga Graduate School of Science and Engineering, Teikyo University

                3 Acoustic Startle Response and Prepulse Inhibition
                  Mikio Sasaki Ina Research, Inc.

              4 Allocation method of juvenile rat toxicity study
                  Ayumi Inoue Drug Safety Research Laboratories, Shin Nippon Biomedical Laboratories, Ltd. (SNBL DSR)


  汎用薬の催奇形性セミナー

     日時
  2019年7月28日(日曜日) 9:00〜12:00 

                生殖発生毒性試験でみられる口蓋裂について
                  山崎華子 大鵬薬品工業、下村和裕 第一三共

                副腎皮質ホルモン薬
                  大野 愛、安城更生病院

                抗てんかん薬
                  前田雅之、奈良県立医大病院

              抗精神病薬
                  伏見友里、愛育病院

                総合討論
                  座長、発表者全員


 
     日本先天異常学会 第19回生殖発生発達教育セミナー

     日時
  2019年7月28日(日曜日) 13:00〜16:00 

     会場
  愛知学院大学 名城公園キャンパス

     セミナープログラム

  13:00〜13:55     受精から着床
                From fertilization to implantation
                  山本 雅子(麻布大学 名誉教授)

  13:55〜14:50    ゲノムから見た先天異常
                Genetic variants and congenital anomalies
                  才津 浩智(浜松医科大学 医化学講座教授)

  14:50〜15:05     休 憩

  15:05〜16:00    日本における医薬品添付文書の現状と今後
                The current situation and future of prescription drug
package inserts in Japan
                  濱田 洋実(筑波大学 産婦人科学教授)